« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

2011年4月3日 - 2011年4月9日

2011年4月 9日 (土)

放射能報道、基本をおさえて正しく理解しよう!

江戸川系金町浄水場(葛飾区)で放射性ヨウ素131が検出された辺りから、書こうか書くまいか迷ってましたが、漁業への風評被害が出始め、仲間にも理解していな者や水道水を心配している方が多いことから、書くことにしました。

福島原発の事故で、毎日毎日TVや新聞での報道やネットからの不明確な情報が大勢の方を混乱させ不安を煽っており、その影響で風評被害も莫大なものになる思われます。

3月末より池上彰さんも特集で何度も放射能、放射性物質、放射線や被ばくについて説明してくれていたように、最近は我々にも理解出来るように説明しはじめてくれているとは感じます。

マスコミ報道では、文字数や我々に与えるインパクトから、“放射能” という言い方をよく使っています。マスコミが言う“放射能漏れ”は、正しくは“放射性物質漏れ”を指しているケースが多いようです(中には“放射線漏れ”の場合もあり)。単位や文脈から、我々が正しく判断する必要があるのを感じます。

また、インパクトある大きな数値が出ると報道しまくるのに対し、数値が下がった朗報はインパクトが無いと考えているのか積極的に報道はしない。
やれやれ ┐(´~`)┌

当初、某ニュース番組では、農家に訪れたレポーターが放射線探知機を手に、「ホウレン草のビニールハウスの外と中で、探知機が示す値はほぼ同じです!ビニールがあるのでホウレン草には放射性物質は付着してないはずですが」なんてお馬鹿なレポートをしてました。

ヨウ素-131やセシウム-137の放射線はビニールなんて透過するという基本的な事を知らんのかね?
もう少し勉強してから正しく報道して欲しいと思いました。

とは言うものの、ベクレルやらシーベルトやら暫定規制値やら実効線量等々、とにかく聞き慣れない用語に加え、政府や専門家が我々素人に分るように説明してくれないから余計に不安になるわけです。

そこで、一緒に勉強できればと思い書き記しておくことにしました。(^。^

既に理解している人も居るかと思いますが、まずは基本から始めないと次の説明に繋がらないので、お付き合い下さいませ <(_ _)>

尚、全ての情報をここに書くと読み切れないボリュームになってしますので、簡単に纏めたものにしてあります。詳細は以下の情報ソースを参照下さい

本記事の情報ソースは、以下のサイトより
◆原子力百科事典ATOMICA
  http://www.rist.or.jp/atomica/
◆茨城県つくば市 放射線科学センター
  http://rcwww.kek.jp/kurasi/index.html
◆独立行政法人 放射線医学総合研究所
  http://www.nirs.go.jp/index.shtml
◆緊急被ばく医療研修
  http://www.remnet.jp/
◆特定非営利活動法人 原子力資料情報室
  http://cnic.jp/
◆Wikipedia
  被ばく http://ja.wikipedia.org/wiki/被爆
  シーベルト http://ja.wikipedia.org/wiki/シーベルト
  ベクレル http://ja.wikipedia.org/wiki/ベクレル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

放射能(radioactivity)とは、

放射線(radioactive ray)を出す活性力、放射線を放射する強さのこと。
 
つまり、「放射線」を出す能力が「放射能」であり、放射能を持つ物質を「放射性物質」と言う。
 
■放射性物質、放射能の単位
 ベクレル(記号:Bq):
   1秒間に崩壊する原子核の数。放射線を放射する強さ。
   放射能は直接測定することは難しく、放射線を測定し放射能の
   強さに換算している場合が多い。
 
■放射線の単位
 グレイ (記号:Gy):
   吸収した放射線のエネルギーの総量
 
 シーベルト (記号:Sv):
   人体が吸収した放射線の影響度を数値化した単位
   放射線防護の分野で(原発事故の際に)使われる
 
 シーベルトとグレイの換算式:
 Sv = 放射線荷重係数 × Gy
     X線、β線、γ線の放射線荷重係数は1
     α線の放射線荷重係数は20
 
■半減期
 ◆物理学的半減期
  単に半減期と言うこともある
  放射性同位元素が次第に壊れ元の数の半分に減る時間のこと
  放射性物質の種類によって定まった値を持つ
  各放射性物質毎の半減期は以下URL参照
  http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html
 
 ◆生物学的半減期
  体内に取り込まれた放射性物質は、物理学的半減期とは別に、
  排泄されるなどして体外に排出されることで大きく減る
 
 ◆実効半減期
  物理学的半減期と生物学的半減期を合せたもの
  人体への影響は、実効半減期で考えなければならない
  また、家畜や魚も、実効半減期で考えるべきである
 
■被曝(被ばく)
 ◆外部被曝
  放射線源が体外にあり人体表面から放射線を照射される被曝
  宇宙線、人工放射線(原発・研究施設・病院等などから放出され
  る放射線、米ソが過去実施した大気中核実験や原発事故により
  大気に飛散している放射性物質からの放射線)、自然放射線、
  医療放射線など
 ※被ばくの実効線量限度には、自然放射線被曝と医療被曝は含
  まない
 
 ◆内部被曝
  経口摂取や吸引摂取した放射性物質による人体内部からの被曝
  内部被ばく量を表すには、放射性物質の量(放射能値:ベクレル)
  をベースにし実効線量を算出する
  #放射線(シーベルト)は飲食出来ないからね。 (^^;
  尚、体内に摂取された放射性物質から組織や臓器の受ける線量
  を算出することは容易ではない。吸収率や半減期も考慮しなけれ
  ばならない。
  そこで、それらを考慮し、放射性物質の量と被ばく線量の関係を
  表す係数(実効線量係数)を使い被ばく線量を算出する
 
■実効線量
 放射線防護の目的にのみ使用される単位で、全身が均等に照射さ
 れても不均等に照射されても、放射線の線 質が違っても、人体に
 確率的影響が起きる(被爆時の)健康障害を評価する尺度の1つ
 01
 ※未だTV等では、一般公衆の放射線限度は1mSvという説明をし
 ているが、これはあくまで正常時の医療を除く人工放射線量の
 限度のこと。
 現在は、原発事故の防災対策事態(緊急時)のため、この指標は
 引きあげられている。現在我々に適用される緊急時の指標は
 原子力発電所の作業員と同等と考えるのが妥当であろう。
 線量限度について、ATOMICAの資料を参照あれ
 一般公衆: http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09040108/02.gif
 作業員: http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09040108/01.gif
 
■実行線量係数
  摂取した放射性物質の量と組織や臓器が受ける線量の大きさ
 との関係をあらかじめ求めておくことにより、放射性物質の量に
 対応した被ばく線量を計算することができるようにした系数

 実効線量(Sv) = 放射能量(Bq/Kg) x 実行線量係数
 
 以下に一例を示す
 実効線量係数の詳細は以下URLを参照あれ
 http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html
 
 ヨウ素131(I-131)経口摂取の場合:
   実効線量(Sv) = 放射能量(Bq/Kg) x 2.2 x 10^8
 
 セシウム137(Cs-137)経口摂取の場合:
   実効線量(Sv) = 放射能量(Bq/Kg) x 1.3 x 10^8

■預託実効線量
 体内に入った放射性物質が生物学的半減期により減っていくこと
 を織り込み、50年間の被曝線量を積算したものが預託実効線量
 である。摂取後50年間に受ける線量を最初の1年間で受ける
 (預託)として計算する。
 
 預託実効線量(Sv) = 実効線量係数×年間の核種摂取量(Bq)
              ×市場希釈係数×調理等による減少補正

■放射性物資と放射線の種類
 以下、各地で検出された放射性物質について示す
 他の放射性物質を含め詳しくは以下URLを参照あれ
 http://cnic.jp/modules/radioactivity/
 
 ヨウ素-131
  γ線(ガンマ線)&β線(ベータ線)
  ガンマ線は放出されるが、大量に摂取した場合のベータ線による
  甲状腺被曝が大きな問題となる
 
 セシウム-137
  γ線(ガンマ線)
  医療用の放射線源に使われるが、体内に入ると血液の流れに
  乗って腸や肝臓にガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって
  筋肉に蓄積したのち、腎臓を経て体外に排出される
  セシウム137は、体内に取り込まれてから体外に排出されるまで
  の100日から200日にわたってガンマ線を放射し、体内被曝の原因
  となる危険な放射線物質である
 
 プルトニウム-239
  α線(アルファ線)
  原子炉を運転すると、プルトニウム-239が生成し、核分裂すると
  ともに中性子を捕獲してプルトニウム-240などが生じる
  したがって、原子炉内に蓄積するルトニウムは、いくつかの同位
  体の混合物である
 
■放射線の透過力
 アルファ線は紙一枚でも遮ることができる。また、空気中でも
 数センチメートルしか透過しない
 ベータ線は薄いアルミニウムの板一枚で遮へいできる
 ガンマ線は透過能力が強い放射線であり、遮蔽能力が高い鉛
 でも遮蔽には約10 cmの厚さを要する
 02
 http://rcwww.kek.jp/kurasi/page-30.pdf
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
3月23日東京の金町浄水場(葛飾区)で放射性ヨウ素131が1リットルあたり210ベクレルの放射能値を検出したことで東京は大パニックになりましたね。
 
この数値を、経口摂取した際の内部被ばく線量(実効線量)は、
 
内部被ばく線量Sv = 210Bq × 2.2 × 10^-8 
   = 462 × 10^-8
   = 0.00000462 Sv
   = 0.00462 mSv
 
この数値の水を1リットル飲み干して、0.00462 ミリシーベルトの被ばくです。
 
これは、飛行機が飛ぶ上空12,000mで1時間に受ける放射線(毎時0.005ミリシーベルト(地上の約150倍))より若干弱い値。
03
http://www.tepco.co.jp/nuclear/hige/qa/thi/bqa/qa-b7-j.html
 
「金町浄水場の水1リットル飲んだら受ける被ばく量は地上の約150倍の放射線量になります!」と言われれば恐怖と不安を覚えるかと思いますが、
「上空12,000mを飛ぶ飛行機の中に1時間居るより弱い微々たるものです」と言われれば、「なぁ~んだ!そんな程度か」と不安にはならないのでは?(^^

野菜や魚の件もそうだが、どうして、このような表現・説明が出来ないのかなぁ~
「安全ですから、水の買い締め、野菜や魚の買い控えをしないで下さい。」と言われても、分り易く説明しなきゃ国民はパニックになりますよね。

以上、
今回はここまで!(^^

微量な放射線量(まったくの安全値)より、一部のマスコミやネットの心無い情報配信によるストレスの方が、ず~と体に悪いと私は思います。間違えない!
 
マスコミ被災、ストレス障害にあわないよう、皆さんご注意あれ!

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

海流と福島原発からの汚染水・放射性物質の希釈

被災地茨城県の漁業に被害をもたらし、関東の漁業に風評被疑をもたらしかねない福島原発から放射性物質漏れ。

汚染水は、どこへ流れて行くのか?千葉、東京、神奈川、東海、関西への影響は?
不安になり気象庁の海流データを確認してみました。

<気象庁 - 日本近海 日別海流>
http://www.data.kishou.go.jp/db/kaikyo/daily/current_jp.html

黒潮が、千葉の犬吠崎を越えて北東へ流れ、いわき市の真沖(北緯36.5度・東経142度付近)で親潮とぶつかり、蛇行しながら東沖へ流れています。

福島原発は北緯37度25分17秒・東経141度02分01秒にあり、親潮域内に位置することは、以下の水温の状態からも確認出来ます。

2
茨城県水産試験場 NOAA衛星画像
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/nourin/suishi/musen/noaa/noaa.htm

海上保安庁のNOAA衛星による合成画像もビジュアル的に分り易いので、↓こちらも是非確認下さい
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/satellite/indexnoaa.html

見てお分りの通り、昨今の茨城沖は黒潮の影響が強く、暖水域になっています。潮流も茨城から福島へ北上する海流であることは見てとれます。
※ 黒潮と親潮は温度差があるため、簡単には混ざり合わない

気象庁の詳しい潮の流れでも、そのことを確認出来ます。
[<]ボタンを使い過去のデーターを確認あれ
http://www.data.kishou.go.jp/db/tokyo/daily/current_k.html

福島原発沿岸の潮は南へ下り、小名浜沖で暖流にぶつかり東沖へ流れます。一方、茨城沿岸を北上する潮は、寒流にぶつかり東へ向かいます。尚、親潮の影響を受け黒潮の本流に乗るのとは別に本流に沿って南下し、茨城県沖で時計周りに再び北上する渦を描く海流もあるようです。

これらのデーターから、汚染水は黒潮にブロックされ千葉県以南には流れ込まないようです。

また、汚染水の希釈は、汚染水の比重、潮流、原発からの距離で変わるものと考えられます。
冷却水は25日から真水に変わっており、海水がどの程度ブレンドされたは不明だが、汚染水は海水より軽いため、表層付近を潮に流され海水と混ざり希釈しながら流れて行くのは容易に想像出来ます。

これらの条件より、距離が離れれば離れる程、深ければ深い程希釈されると考えられます 。

現に、茨城の各漁協が4/1に採取し調査した魚の被ばく量は以下の通り
原典:<水産庁> http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/kensa_kekka.html より抜粋
 ・イカナゴ(北茨城沖)   I-313:4080 Sc-134&137:447
 ・アナゴ(日立市沖)    I-313:31   Sc-134&137:ND
 ・ヒラメ(日立沖)      I-313:13   Sc-134&137:ND
 ・ヤリイカ(鹿嶋市沖)   I-313:13   Sc-134&137:ND
 ・マコガレイ(神栖市沖) I-313:3   Sc-134&137:ND
 ・ヒラメ(神栖市沖)    I-313:ND  Sc-134&137:ND

小名浜に最も近い北茨城の浅場の海面近くに生息していたイカナゴの被ばく量は多く、深場に生息するヤリイカの被ばく量は少ない、茨城の最南端神栖市沖のヒラメ(海底に生息)は、放射性物質は未検出ですね。
この数値からも、希釈は、比重、潮流、距離に関係することが理解出来るかと思います。

また、忘れてならないのが、福島原発から飛散した放射性物質。海面への降下や雨により陸上から川を経由し海へ流れ混むもの。これらも前述と同じく、比重、潮流、距離により希釈されると考えられます。

確かに茨城最北福島との県境付近のイカナゴの被ばく量は高いが、他の魚や千葉の魚は問題視する程の量とは思えません。また、1キロ分の魚を内臓から骨まで食べる方は居ないでしょうし。
中大型魚はエラや内臓と取り除いて調理をして食べるので、実際の実効線量は以下の考え方が成り立ちます。

実際の実効線量(mSv) = 実効線量係数(mSv/Bq)×放射性物質濃度(Bq/Kg)×調理による減少補正×摂取量減少補正

前回の記事にも書きましたが、やはり問題は海面近くに生息し回遊する小魚。潮に流されずに泳ぎ回りますし、他の魚の餌にもなりますので厄介です。

「風評被害排除通知」も大切とは思いますが、「感染状況を監視しながら調査する」だけのアクションは如何なものでしょうか?
国民の食の安全と安心を与えるアクション(例えば、他の魚の餌となる被ばく量の多い小魚を捕獲し処分するなどの対策、政治家自ら茨城や千葉産の魚を一人1キロ食べるとか #ちょっと脱線したか?^^;)を政府や専門家、各自治体が率先して講じて欲しいと願います。

追伸:
21_2
C.S.C.ナオミ主催チキチキ仕立船with震災義援金チャリティオークション
本イベントの幹事を務めます。
皆さん、ご参加ご協力お願いします。

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

茨城県平潟漁協 コウナゴ(和名イカナゴ)から放射性ヨウ素4080ベクレル検出

福島原発に最も近い茨城県の北茨城市沖(福島原発より凡そ90km南)にて懸念していたことが起きてしまいました。(゜ロ゜;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年4月4日20時37分  読売新聞
原典: http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00943.htm?from=navr より

 茨城県北茨城市の平潟漁協は4日、同市の長浜沖でとれたコウナゴから1キロ当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

(中略)

 コウナゴは1日に船びき網漁で捕獲された。1キロ当たり447ベクレルの放射性セシウムも検出されており、魚類の暫定規制値の500ベクレルに近い値だった。

(中略)

 茨城県沖のコウナゴ漁は震災で中断しており、同県産のコウナゴは現在、市場に出回っていないという。

 厚生労働省によると、魚類に関する放射性ヨウ素の規制値は、海水で拡散することや短期間で放射線が半減することなどから、危険性が低いとして定めていないという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎日新聞 2011年4月4日 23時12分
原典: http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/radioactive/news/20110405k0000m040133000c.html

 厚生労働省は4日、茨城県北茨城市の平潟漁協が検査用に採取したコウナゴから、1キロ当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。食品衛生法の暫定規制値は魚についての放射性ヨウ素の基準を設けておらず、厚労省は県に対し、このコウナゴの取り扱いを慎重にするよう求めた。同省は早急に基準値の検討に乗り出す方針。

 厚労省によると、このコウナゴは、出荷されていない。規制値は、放射性ヨウ素について飲料水や牛乳は1キロ当たり300ベクレル、野菜については2000ベクレルとしているが、魚は海水で薄まり蓄積されないとされ、基準がない。

(中略)

 平潟漁協の武子寛組合長は4日記者会見し、「暫定規制値がないので判断がしにくい」と戸惑いながらも、コウナゴについて「当分、漁も出荷もしない」ことを明らかにした。

 コウナゴは1日に小型船で北茨城市沖の水深11メートルで採取された。ほぼ同時期に採取したヤリイカとヒラメは放射性ヨウ素がいずれも13ベクレル、アナゴは31ベクレルと低かった。

(中略)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回報告した鹿島灘漁協の調査結果と同じく、海面近くを泳ぐ魚に被ばく量が多い傾向のようですね。

更に南へ70kmの大洗の検査結果と比べると、コウナゴ(和名イカナゴ)1kg当り
         Sc-137   I-131
-----------+--------+---------
北茨城沖     447    4080
大洗沖      66    未検査

距離が離れれば被ばく量は減る傾向だが、青物は回遊するので厄介です。

この新聞記事が示す問題は、
 ・福島原発からの汚染水・放射性物質漏れによる海産物の被ばく
 ・暫定規制値の正当性
 ・茨城県産の魚への風評被害

尚、暫定規制値に関する読売新聞と毎日新聞説明だが、私が確認した限り読売新聞の説明が正しいです。
『魚類に関する放射性ヨウ素の規制値は、海水で拡散することや短期間で放射線が半減することなどから、危険性が低いとして定めていない。』
毎日新聞の説明はスルーして下さい。

また、生物における放射性ヨウ素の実効半減期が短いのは正しいが、コウナゴ(和名イカナゴ)が汚染されていない海水に居ればの話であり、汚染されている海水の中に居れば蓄積される(もしくは半減期が鈍る)に決まっています。

原発事故で汚染水が海に流れ出す事態、魚に高濃度の放射性ヨウ素が検出されること、暫定規制値の基になった原子力安全委員会の専門家の頭に無かったことだろう。フォールアウト(放射性物質の降下)を前提に考えて魚に規制値を設けなかったと思われます。

是非とも、魚介類にも規制値を設け、検査を行い、食の安全を保証して欲しいと説に願います。
また、早急に、汚染濃度の高い海域を断定し、網を張るなどして、高い濃度の海に魚を回遊させない対策や、被ばくしている魚を捕獲し処分するなどの対策をしないと、コウナゴ(和名イカナゴ)を捕食する大きな魚へ悪影響が及ぶことが懸念されます...

<4/5 19:00 追記>
本日夕方 厚生省は魚の暫定規制値を2000Bq/kgと設定したとのこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原典(厚生省): http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017z1u.html

本日、原子力安全委員会の助言を踏まえた原子力災害対策本部の対応方針を受けて、魚介類中の放射性ヨウ素については、当分の間、
  (1)飲料水及び牛乳・乳製品以外の食品として暫定規制値が設定されている
    野菜類中の放射性ヨウ素と同一の暫定規制値である2,000Bq/Kgを準用する
 (2)これを超過する場合には、食品衛生法第6条第2号に該当するものとして食用に供しない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

取り敢えず、暫定規制値は設けてくれました。
また、規制値を上回った魚がまだ1検体であることや、コウナゴ漁が中止されていることより、政府はコウナゴ「現時点で出荷制限をしない」とのこと。

次は、感染防止対策を頼む!

追伸:
21_2
C.S.C.ナオミ主催チキチキ仕立船with震災義援金チャリティオークション
本イベントの幹事を務めます。
皆さん、ご参加ご協力お願いします。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

茨城県鹿島灘漁協 再開検討 (懸念される放射性物質風評被害)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
放射性物質 茨城3漁協、魚介類の「安全宣言」
毎日新聞 4月3日(日)2時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000000-maip-bus_all より以下抜粋

「鹿島灘の魚は安全です」。
茨城県の鹿島灘の魚から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が出なかったという検査結果を受けて、「鹿島灘漁業権共有組合連合会」(同県鹿嶋市)の小野勲会長が2日会見し、「安全宣言」をした。
ただ、加工品の風評被害が出始めており、漁業再生への道のりは険しい。

連合会には同県大洗町、鹿島灘、はさきの3漁協が所属している。県環境放射線監視センターの分析では、それぞれ1キロあたり
 ・イカナゴ(大洗町沖) 66ベクレル
 ・カタクチイワシ(同) 30ベクレル
 ・ハマグリ(鹿嶋市沖) 19ベクレル
 ・サヨリ(同) 11ベクレル
 ・マコガレイ(神栖市沖) 3ベクレル
 ・ヒラメ(同) 検出されず
となった。
いずれも、1キロあたり500ベクレルの暫定規制値を大幅に下回る。
放射性ヨウ素については規制がないため調べていないという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野菜の出荷制限から始まり、水道水騒ぎ、ここにきて規制緩和の話も出ている、暫定規制値とは?

詳しくは、別記事でお伝えしますので、お待ちあれ。

ただただ深刻な風評被害にならないことを祈るばかり。

頑張れ茨城!頑張れニッポン!

追伸:
21_2
C.S.C.ナオミ主催チキチキ仕立船with震災義援金チャリティオークション
本イベントの幹事を務めます。
皆さん、ご参加ご協力お願いします。

| | コメント (0)

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »