« 茨城県向け支援物資搬送報告 | トップページ | 茨城県平潟漁協 コウナゴ(和名イカナゴ)から放射性ヨウ素4080ベクレル検出 »

2011年4月 4日 (月)

茨城県鹿島灘漁協 再開検討 (懸念される放射性物質風評被害)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
放射性物質 茨城3漁協、魚介類の「安全宣言」
毎日新聞 4月3日(日)2時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000000-maip-bus_all より以下抜粋

「鹿島灘の魚は安全です」。
茨城県の鹿島灘の魚から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が出なかったという検査結果を受けて、「鹿島灘漁業権共有組合連合会」(同県鹿嶋市)の小野勲会長が2日会見し、「安全宣言」をした。
ただ、加工品の風評被害が出始めており、漁業再生への道のりは険しい。

連合会には同県大洗町、鹿島灘、はさきの3漁協が所属している。県環境放射線監視センターの分析では、それぞれ1キロあたり
 ・イカナゴ(大洗町沖) 66ベクレル
 ・カタクチイワシ(同) 30ベクレル
 ・ハマグリ(鹿嶋市沖) 19ベクレル
 ・サヨリ(同) 11ベクレル
 ・マコガレイ(神栖市沖) 3ベクレル
 ・ヒラメ(同) 検出されず
となった。
いずれも、1キロあたり500ベクレルの暫定規制値を大幅に下回る。
放射性ヨウ素については規制がないため調べていないという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野菜の出荷制限から始まり、水道水騒ぎ、ここにきて規制緩和の話も出ている、暫定規制値とは?

詳しくは、別記事でお伝えしますので、お待ちあれ。

ただただ深刻な風評被害にならないことを祈るばかり。

頑張れ茨城!頑張れニッポン!

追伸:
21_2
C.S.C.ナオミ主催チキチキ仕立船with震災義援金チャリティオークション
本イベントの幹事を務めます。
皆さん、ご参加ご協力お願いします。

|

« 茨城県向け支援物資搬送報告 | トップページ | 茨城県平潟漁協 コウナゴ(和名イカナゴ)から放射性ヨウ素4080ベクレル検出 »

大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県向け支援物資搬送報告 | トップページ | 茨城県平潟漁協 コウナゴ(和名イカナゴ)から放射性ヨウ素4080ベクレル検出 »