« 釣りオヤジ暑気払い@一平日本橋店 | トップページ | 半日船イシモチ @川崎つり幸 »

2010年9月24日 (金)

平潟沖のマダラ釣行記(後篇)

時より風が吹くものの、ベタ凪で、まだまだ夏の海

Cimg5673 Cimg5672

丁度この日は、ビルフィッシュトーナメント最終戦が福島いわき沖で開催中で、カジキ釣りのクルーザーが沢山走ってました(^^
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091801000756.html

Cimg5675

さて、第一投目は、6時20分頃

艫から順に投入 準備が出来てない者は1流しスキップ!

私は、左舷ミヨシに入ったのが幸いし、秋刀魚を捌いて針に掛けギリギリ投入に間に合いました (^^;
出船時に一回分だけ捌いておいた方が賢明なようです f^^;

水深は然程深く無いようで、160mちょっと糸が出て着底
棚はベタ底
駆け上がり、駆け下がりと、ちょこちょこ底を取らなければならなく、結構忙しい

程なくして、へちょさんが左舷1号を掛けた!
上がったのは1.5kg程の本命
Cimg5667_2
早くもボーズ脱出!
羨ましいぃ~

右舷ではトモ2番に入ったNさんが、へちょさんのより一回り大きい本命をGet!
Cimg5669
流石です!
羨ましいぃ~

最初の投入で上がったマダラはこの2匹のみだが、本命の顔を見れば、自ずとヤル気が湧くとというもの (^^

次の投入で私も掛けるぞ!と意気込んだのが悪かったか、地球を掛けてしまった f^^;

捨て糸はフロロの8号、ハリスはフロロの12号、手で引っ張れば切れそうなものだが、幹糸がナイロンで計6mあり、適度に伸びるため容易に仕掛けを切ることが出来ないのです
仕掛けには魚が掛かっているようで、手には魚信が伝わってくるのだが、根掛かりを外さなければ魚の顔を拝むことは出来ない

悪戦苦闘しているところに若船長が来てくれ、対応してくれたのだが、なんと190mの高切れとなってしまった orz
買ったばかりの高価な寄り取りリングと350号の錘とPE6号190m、そして私のマダラがぁ~~~ (T_T

二流し目も船中本命が数匹上がりましたが、私のマダラは海底に...
Cimg5670 Cimg5671

この高切れで臆病風に吹かれた私は、底を切る釣り方になってしまい、暫く釣れないバッドスパイラルに陥ってしまった (ーー

開始から1時間程経った頃、船長がミヨシの張り出し(私の右隣)で、穂先が少しだけ曲がる程度の硬い竿で釣りを開始
盗める物は全て盗もうと凝視していたら、着低後直ぐに本命を掛けちゃいました (^^;;;
何で?何が違うの?

竿先を見てると、錘が底に着いている状態が長いようで、底トントンではなく、底べた~トンという感じ
真似して、根掛かりを恐れず錘を底に着けている時間を長くしたところ、直ぐに釣れました!(^^;
Cimg5674_2
へちょさんやNさんに遅れること1時間10分
ようやく本命を釣ることが出来ボーズ脱出 (^。^

それから一時間程で2匹追釣することに成功!
なんとなく、この釣りの釣り方と、根掛かりしそうな瞬間が分るようになりました
実際、錘のロストは最初の一回のみでした
Cimg5679

ちょうどその頃、Nさんの隣で釣っていたノブさんが良型のマダラをGet!
Cimg5677
これはデカイ!
羨ましいぃ~

次第に攻めるポイントの水深は深くなり、気が付けば糸が240m程出るまでに至っていました
高切れしてしまった電動丸4000HPは、以前にも数十m高切れしており、とうとうスプールが薄っすら確認出来るまでに(^^;
これ以上は無理と察し、予備に持ってきた電動丸PLAYS3000(PE6号300m)に付け替えました
このタイミングがドンピシャで、交換直後により深いポイントを攻めることになったが無事対応出来、マダラも掛けることに成功!
Cimg5686
電動丸PLAYS3000に、350号の錘と魚を巻き上げさせるのは辛そうでしたが(^^;

最後の二流しは、ちょっとしたミスから魚を掛け損じてしまったが、最終的には計6(内オス3)匹を釣り上げることが出来、デビュー戦にしては十分な結果でした(^^
今回も船上で魚の腸を抜きましたが、白子と肝と胃袋は大切に持ち帰りました (^^
因みに、この日の船中釣果は0~12匹 殆どの方は5匹前後でした
数を釣るなら7~8月が狙い目、白子が欲しければ9~10月、11~12月は時化で出船出来る日が少なくなるそうです

下船後は、クラッシャー氷をクラーに入れて頂き、栄養ドリンクに茹で卵、船宿のTシャツを貰い、女将さん達と談笑した後、解散となりました
Cimg5696 Cimg5697

今回学んだことを今後のために纏めておくことにします (^^
・餌はサンマとイカで十分
・一投目の餌を早めに用意しておくこと
・仕掛けは幹糸100cm、ハリス50cmの方が良さそう
・魚が掛かる針、手返し、投入を考えると、3本針で十分
・タコベイトやケミホタルは特に必要無し(もしものために準備しておく程度で十分)
・釣り方は、底べた~トン!
・釣り中の氷が溶けて無くなるのでペットボトル氷を用意しておと良い
 下船後、洗浄用真水としても使える

さて、来年が楽しみだ (^^

|

« 釣りオヤジ暑気払い@一平日本橋店 | トップページ | 半日船イシモチ @川崎つり幸 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釣りオヤジ暑気払い@一平日本橋店 | トップページ | 半日船イシモチ @川崎つり幸 »