« 平潟沖のマダラ釣行記(後篇) | トップページ | 釣りオヤジ宴会 in 竹ノ塚 第二弾! »

2010年9月27日 (月)

半日船イシモチ @川崎つり幸

台風が北上し、ようやく船が出ることになった26日(日)のこと、夕方から用事があるため午前半日船に乗ることにしました (^^

普通なら人気のアジやサバ釣りに行くところだが、コマセを使う釣りは強烈に臭いが付くので触手が伸びず悩んでいたところに (^^;

土曜の夕方、川崎つり幸からイシモチ(和名:シログチ、ニベ)の半日船が出るのを発見!

イシモチは、2年前に天ぷら船でお遊び程度にやったことはあったが、乗合船は今回が初 (^^;

釣り方その他、@niftyつりのイシモチ入門を参考に、3本ハリスの仕掛けを作り、
http://niftsuri.cocolog-nifty.com/oki/2010/03/post-4113.html

20日の釣果が5~35匹だったので土産程度12匹位は釣れるべ!と、2.0mのキス竿にスピニングリール & 2.1mの一つテンヤの竿に両軸リールを手に、 突っ込んできました (^。^

Cimg5790_2

流石に、アジの乗合船は大盛況で、午前船も午後船も人が溢れてました

イシモチ船は6時頃でまだ左右の艫に4人入っているのみ
そこで左舷ミヨシに入らせて頂きました (^^

その後、釣り人が続々と乗り込み、片舷10名満員状態でポイントの磯子へ向け出船

大井ふ頭沖へ差し掛かった頃、木更津方面に天使の階段を見たのでした

Cimg57952

この時、なんだか良いことがありそうな予感がしたのよねぇ~ (^。^

航程40分、ポイントは磯子火力発電所の前

Cimg5800 Cimg5801

まずは、キス竿にスピニングリールでやろうと仕掛けをセットし餌を付けようとしていたところ、船長よりマイクで ^^;「左前の方~、キーパー無いの?もう一本出しなよ」と教育的指導が入り ^^; 予備竿だった一つテンヤの竿も出すことになりました (^^

スピニングリールは遠投してキスと同じように引きずりながら誘い、両軸リールは船下を狙う二刀流!(^^

釣り方はまったくキス釣りと一緒 (^^

垂らしが長いとなかなか吸い込まないので、青イソメは5cm程度に短く切った物をチョン掛けに

船長からは房掛けにするようにとのアドバイスだったが、活きのよいものを一つだけでヒラヒラとさせた方が食いが良いように思えました

やはり置き竿・船下狙いより、ちょい投げ・ズル引きした方が当りも掛かりも良かったです

一時入れ食いタイムもあり、2本竿の利点を生かし(一方を取り込み&投入中、もう一方は沖竿状態で追い食いさせる)、2点掛けは勿論のこと3点掛けもあり、一気に数を伸ばせました b(^。^

実釣3時間ちょい(8時頃釣り開始、11時沖上がり)の釣りで、イシモチ大中小合わせて43匹・アジ4匹を釣ることが出来、竿頭となりました v(^^

Cimg5798

魚を〆ながらも次々に釣れるものだから、1時間で桶がこんな状態に (^^; この後、ちゃんと海水氷に移しました (^。^
美味しく持って帰らなきゃネ!
Cimg5796_2

この日の釣果は、船中2~43匹、ツ抜け出来なかった方も大勢居たようです

レンタルタックルの方はスピニングでしたが、マイタックルの方の大半は両軸リールだったため、遠投出来ず船下釣りを余儀なくされていたのが原因の一つかと思います

皆さん、スピニングリールをお忘れなく!

|

« 平潟沖のマダラ釣行記(後篇) | トップページ | 釣りオヤジ宴会 in 竹ノ塚 第二弾! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平潟沖のマダラ釣行記(後篇) | トップページ | 釣りオヤジ宴会 in 竹ノ塚 第二弾! »