« 飯岡沖のホウボウ | トップページ | 庭の鯛 »

2010年5月 6日 (木)

14時間耐久大原一つテンヤ

GWの4日、鯛を求め釣友と共に大原へ行ってきました

船宿は何時もお世話になっている臼井丸さん

午前船、午後船の一日通し
朝4:30出船、帰港は19:30(一度港に戻りお客さんの入れ替え&昼食)
#元気だ!(^^;
14時間耐久フィッシング
クーラー満タンを目論だのだが...

我々を乗せた船は、太東沖の水深20~30mへ

最近、潮が速くなっているとの情報から、まずは8号テンヤに5号のシンカー(合計13号)で開始
状況により、シンカーを2号(合計10号)にしたりもしました

Cimg4871

開始後30分、餌さ取りの正体ウマヅラくんを釣り上げました

Cimg4873_2

このウマヅラが居なくなればタイが食ってくる!
と期待したのだが、ウマヅラやショウサイフグの活性が高いのなんの、直ぐに餌が無くなります

マダイらしき齧り跡も数回あったが、残念ながら掛けられず...

実は、この日は不思議と掛けた魚を巻き上げ中にバラすこと5回
食いが浅いのか?掛かりどころが悪いのか?
まだまだ修行が足りませぬぅ...

浅場に移動するとウマヅラが居ないようで餌が取られることが少なくなったが、鯛が食ってくることも無し

ホウボウが釣れ出したのを見て、底をトントンする作戦に変更
狙い通り、ホウボウを2匹、ショウサイフグを1匹釣りました

Cimg4875

その後も、特に変化無く午前の部は終了

港に戻り、昼食にカレーを頂き(お代りもしました^^;)午後に備える
腹が減っては戦は出来ず!

12時半前、再び大原沖へ向けてGo!

午後は40~47mの多少深いポイントへ

一投目からマハタが食ってくれました v(^^

Cimg4879

残念ながら釣友はウマヅラ (^^;

暫くは、ウマヅラを避けながらハタ釣りタイム

私はマハタを追釣出来たが、釣友はウマヅラばかり (^^;

祝い鯛を諦め掛けた15:30
ようやくピンクの魚を釣ることが出来ました
真鯛ではなく花鯛ですが嬉しい一尾です (^。^

Cimg4881

16:30 夕マヅメのゴールデンタイムに

しかし、潮がだんだん速くなり、シンカーを7号(合計15号)にしないと釣りにならなくなってしまった
しかも、ウマヅラの活性は衰えず
釣友はウマヅラを釣りまくる!釣りまくる!ウマヅラの数では船中トップ (^^;

18:00 一日頑張った釣友にようやくピンクの魚が来てくれましたよ
花鯛ですが嬉しい一尾です (^。^

Cimg4884

結局真鯛の顔を見ることは出来ず、長い一日が終わりました

陸は太陽が出て暑かったらしいが、海上は薄曇りで釣果と共に寒い一日でした

どこの宿もパッとしない一日だったようで、大原の真鯛は、GWで町内会旅行にでも行ってしまったようです (T-T

次回は良い釣果になることを祈るばかり

|

« 飯岡沖のホウボウ | トップページ | 庭の鯛 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたm(_ _)m

港で手を振って出迎えてくれた隊長に感動ですpaper

投稿: うーー | 2010年5月 8日 (土) 00時16分

paperうーーさん
本当に疲れましたねぇ(^^;

投稿: みつ隊長 | 2010年5月11日 (火) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯岡沖のホウボウ | トップページ | 庭の鯛 »