« 一つテンヤマダイ (初釣り報告第3部) | トップページ | バキバキ!テンヤ(^^ »

2010年1月17日 (日)

日本で最初のラーメン!「水戸藩ラーメン」@石田屋

Sbsh2135

昨年に続きご当地ラーメンシリーズです

日本で最初にラーメンを食べたのは水戸黄門(徳川光圀)です
御存じですよね(^^;

その時のレシピを元に再現させたのが、茨城のご当地ラーメンの一つ「水戸藩ラーメン」です

芝刈り仲間と各種アマチュア選手権が開催されるオールドオーチャードGCにてラウンドした帰りに、水戸の中華料理石田屋に立ち寄り、いにしえのラーメンを堪能してきました(^^

それにしても、茨城のゴルフ場は、想像以上に寒かったです
朝の内は真っ白けっけのカッチカチでした (^^;
昼ごろには解けましたけど
なにもそんな中でゴルフしなくても...と言われますが f^^;

Sbsh2122 Sbsh2126

さて、水戸藩ラーメンですが、水戸藩らーめん会の説明を抜粋し紹介します

水戸黄門さまこと徳川光圀公は「大日本史」編纂のために、中国から招いた儒学医者・朱舜水(しゅしゅんすい)から中国麺の教授を受け、小麦粉と藕粉(おうふん・蓮根粉)とあわせた異国の麺を作って食べていました。

また、この麺を食べる時には『五辛(ごしん)』を添えています。

Sbsh2137

『五辛』は、にら、らっきょう、ねぎ、にんにく、はじかみ(生姜)の五種類で、五臓之気を発すると言われています。

また、「陰陽五行」の儒教の哲学の影響で、肉には必ず兄弟分の椎茸を用いています。

Sbsh2136

食べる際に、薬味『五辛』を入れて食べるのだが、『五辛』を入れずに、まずスープを飲んでみました

鶏がらスープのあっさり醤油、隠し味に干し椎茸が使われているようで、飲むほどに椎茸の香りが口の中に広がり、めっちゃ×2美味い

皆さんも食べる機会があれば、『五辛』を入れる前にスープを堪能してみて下さい

そして『五辛』を入れると、一気に味にパンチが出ます
代わりに、椎茸の風味は消えてしまいましたが(^^;
蓮根粉を練り込んだ麺は、少し黒っぱく少々コシが無いが、これはこれで美味い!

Sbsh2138

日本で最初のラーメン、いにしえの味を十分に堪能致しました
美味しゅう御座いました delicious

次回は、金龍菜館に行ってみようかな

Sbsh2133
中華料理 石田屋
茨城県水戸市柳町1丁目6?23
http://www.mitohan.co.jp/?act=Place&place=Mito_place

大きな地図で見る

|

« 一つテンヤマダイ (初釣り報告第3部) | トップページ | バキバキ!テンヤ(^^ »

ご当地グルメ」カテゴリの記事

B級グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一つテンヤマダイ (初釣り報告第3部) | トップページ | バキバキ!テンヤ(^^ »