« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月8日 - 2009年2月14日

2009年2月13日 (金)

雪塩

知る人ぞ知る宮古島の塩。

2006年から3年連続「モンドセレクション金賞」を受賞、ギネスも認めた塩。

それが雪塩。ミネラル豊富でまろやかな味。

    Vfsh3236

私のお勧めは、顆粒タイプの物。家庭での魚の塩焼きに持ってこい!

顆粒なので綺麗に塩をふることが出来るのだ。

パウダータイプが有名な雪塩は、数年前まで顆粒タイプがなかなか見つからず、宮古島に釣りに行った際に購入したりしていたが、今では取扱店が全国展開しているんで、お近くのショップに行ってみて如何でしょう。

私は銀座わしたショップに通っています。(^^

Vfsh3232

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

八丈島遠征釣行記<二日目クライマックス編>

前日の神湊港の事故処理は15:30に無事終了したとのこと。
今日は予定通り出船可能。一日違いで来た常連さんからは『先月はシマアジのポイントで2~3キロのメジナが入れ食いだった。』との情報と、女将さんから『昨日分まで頑張って釣ってきて!』の言葉に、俄然やる気バキバキ!

神湊港にて予約をしていた吉栄丸に荷物を詰め込み、いざ出船!
一路小岩戸沖のシマアジのポイントへ shipdashdash
Cimg0937 Cimg0938

昨日、沖には我々一艘だけしか居なかったが、今日は先に3隻の遊漁船がポイントに入っており、普通“出遅れたぁ~”と嘆くところだが、この日は妙な安心感が湧いていた。(^^;

我々も船団に混じり、船長から『どーぞ!上から25m』の指示に、“これこれ!これだよ!”と再び安心感が。よっしゃぁ~!来いやぁ~シマアジぃ!!とコマセを振る。(^^;
 シーン...
2投目
 シーン...
3投目
 シーン...
まあ、こんなもんだ。周りの船も釣れてないし。(^^;;;

餌のオキアミは取られるので、餌取りは居るようだがシマアジの回遊は無し。暫く流したが船中メジナが1匹と様子が思わしくないのでアオダイ狙いに沖へ移動。仕掛けをハリス8号3ヒロ五目仕掛けに変更。

アオダイ釣りは、底から7mの指示。
深場ではアカイサキが入れ食い状態で、直ぐにツ抜けしたが、なかなかアオダイが顔を見せてくれない。
Cimg0939

船中、ウメイロが1匹揚がったのを皮切りに、次第にアオダイも出始める。が、私にはアオダイが来ない。指示棚より3m上げても5m上げても掛かるのはアカイサキばかり。(ーー; 何故?どうして?と状況分析開始。
投入、着底、コマセ振り棚合わせ、ヒット!と一連の動作は船中1番。でも、掛かるのはアカイサキのみ。暫くしてから他の方にアオダイが掛かる...ってことは...そ~言うことsign01flair
つまり私が外道を寄せて、他の方が上手にアオダイを掛けているわけネsign02(^^;
潮が弛み再投入が可能となった状況もあり、周りの様子を見て、仕掛けを投入すると、見事アオダイを掛けることが出来た!happy01
Cimg0942
もう1匹アオダイを追釣したところで、帰りの飛行機の時間も考え、早々に大本命!高級魚オナガ(和名:ハマダイ)狙いでポイントを大きく移動することに。shipdash

仕掛けはハリス12号3ヒロ3本針に変更。昨日釣ったサバを短冊にして、ちょん掛けに。指示棚は下から5mのベタ底。1投目、2投目と昨日と同じくゴマサバが掛った。釣れた新鮮なサバを短冊にして再び仕掛けを送り込む。

大きなアタリが訪れた、そこそこ強い引きだが、竿先がブルブルするところからサバの多点掛けかぁ...と揚げてみたら、1匹しか付いていない。サワラ?と思ったが、なんと、1キロもある大きなゴマサバだった。(^^;

トモでは1キロ位のオナガが揚がり、船上はup活気付く。
数投目に、置き竿にしていた竿先が大きくお辞儀をした。しかし竿を持ち上げたが引き込みが無い。あらら?バレた?despair
しかし、違和感は残っており、少し巻き上げ、竿先を上げてみると、ガクッン!ガガガ!と竿先が海面に突っ込んだ!
来たぁ~sign03ヒットsign01ヒットォ~sign03

5キロはありそうな引きに目じりが下がるhappy01。時折みせる強い引き込みを竿の弾力で交わし、引きを楽しみながら慎重に巻き上げる。巻き上げを終え、仕掛けを手繰り上げながら海底を覗くと、赤白い魚影が確認出来た。しかも2匹付いているじゃん!happy01
あれれ?なんか体高が高くない?オナガか?gawk
で、海面を割って表れたのは、巨大なカギキヨ(和名:チカメキントキ)だった。しかも、3キロ弱と2キロ弱の一荷。そりゃぁ引くわけだ。
Cimg0947
流石は八丈島!巨大魚バキバキ!

気を取り直し、釣り再開。来いやぁ~オナガ!!と仕掛けを送り込む。しばらくして、トモと胴の間でファイトが始まる。そこそこ良い引きをしている。オナガか?カゲキヨか?と眺めていたら、見事オナガのダブルヒットだった。社長、お見事!
Cimg0945

そして、私にもアタリが!
でも、引かない。このブルブル感はサバ...(ーー
で、揚がって来たのはやはりサバ...いや?下に何か付いてる。
なんと、オナガの幼魚だった。(^^;ナハハ
Cimg0946_2 
水圧の関係で各所が飛び出てしまったので持ち帰ることに。
ゴメンよ!

次第に沖上がりの時間が近づいて来た。
今回は巨大カゲキヨとオナガの幼魚で終わりかなぁ...と諦めかけていたラスト2投目、クライマックスが訪れた!impact
手持ちで誘っていたその時、竿先が一気に絞りこまれた!合わせを入れて巻き上げると真下にグンsign01グンsign01引く。船長から『それ、オナガだよ』の一言にテンションup上がって心臓バクバク。(^^;
バレるな!バレるな!と念仏のように唱えながら慎重に遣りとりして揚げた魚は、見事sign01この日船中最大のオナガだった。
Cimg0952
終わり良ければ全て良し。
こうして、今回の八丈島での釣りを終えた。
八丈島万歳sign03

=====================
[釣行日] 2009年2月3日
[ 宿 ] 八丈島 フィッシングハウス伊藤 
[ 船 ] 吉栄丸
[コマセ用タックル]
     竿:   アルファタックル ファースト・アクセラ 241
     リール: シマノ電動丸3000XH (PE6号300m)
     仕掛け: 吹き流しハリス12号3ヒロ3本針
     コマセカゴ: サニーカゴ・ビッグ
     オモリ: 200号

| | コメント (6)

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »