« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日

2009年5月29日 (金)

ソフトルアー実釣実験<アカムツ/カサゴ>

Cimg1758

既にお気付きかと思いますが、釣り人ブログで釣り仲間の「酒の肴は海にあり!」のHisashiさん企画の横須賀新安浦港 こうゆう丸のニーズ船で遊んで来ました

当日の模様については、Hisashiさんの記事を参照あれ
 http://hisashi-tight.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/lt-a2cb.html

当初は、クロダイ→カサゴのリレー釣りの予定でしたが、数日前よりクロダイの食いが止まってしまったことより、アカムツ/カサゴ釣りに変更となったのでした
クロダイは来年までお預けですねcoldsweats01

さて、釣行日の前日のこと、釣り具屋に寄って店内を物色していたところ、目に飛び込んできたのがリアルな魚の形状をしたソフトルアー、STORM社のWildEye Finesse Minnow
Wildeye_finesse_minnow
そのフソトルアーが『買って試してみて!釣れちゃうよ!』と語りかけてきて^^;、私の遊び心を擽るものだから、思わず買ってしまったhappy02

ちなみに、他にもリアルなソフトルアーは沢山あるようです
STORM社のソフトルアー一覧はコチラ
 http://www.stormlures.com/products/index.cfm?type=soft_lures

ソフトルアーにはソフトルアー用フックを使うのがノーマルとは思うが、餌釣りとしてソフトルアーの可能性実験なので、専用フックは使わず、根魚&イシモチ釣りに使うマルセイゴネムリ カモフラカラー 15号を使用

こんな感じ
Cimg1765
悪くないよネ?wink

実験開始の走水沖50mではアタリが無かったが、観音埼沖80mに移動後、アカムツを掛けることに成功sign01
P5250090
釣れちゃいましたhappy01 scissors

潮が速くて釣りにならないとのことで、浅場のカサゴ釣りに切り替えることに 当然実験は続行

直ぐに良型のカサゴGetsign01
Cimg1774
このソフトルアー使えるじゃんgood

根魚は元より、カンパチ、カツオ、キハダにも有効と思えるので、しばらく実験してみることにしますwink
今後の実験報告に乞うご期待sign01

おまけ:
カサゴは唐揚げにして食べました
Sbsh1401

| | コメント (6)

2009年5月27日 (水)

師匠とパリNo.1ビストロの味に舌鼓(^。^

Vfsh2147

先週金曜日のことですが、#報告が遅いって? f^^;

夜遊び仲間で海釣りの師匠であるK氏と雄デートhappy01

南青山の Soul Music Bar「AOYAMA MOMENTS」に顔を出す前に、何処か近くで食事でも...となり、ではではと、私が知っている表参道にあるビストロ(英語風に言うカジュアル・フレンチ・レストアラン)wineル・プレヴェール(LE PRE VERRE)東京に立ち寄りました

ル・プレヴェールは、パリで人気のワインビストロの東京店。気軽にフレンチを楽しめるお勧めのレストランwink

当日は丁度、シェフ・ア・アルドワーズというイベントをやっていました
な!な!なんとsign03 ゴー・ミヨ(Gault-Millau)パリ 2009年度版でトップシャフ20に選出され、パリのNo.1ビストロの栄冠に輝いたレストラン・イティネレール(Restaurants Itineraires)のシェフであるシルヴァン・サンドラ(Sylvain Sendra)シェフが初来日airplaneし、パリジャンが大絶賛lovelyするビストロ界の新星が、その腕を披露してくれていたのです

超ラッキーsign01shine

ここのビストロはプリ・フックス・コースが売り
ア・ラ・カルトでもOKsign01
こちらがイベント期間(5月15日~25日迄)だけの特別メニュー
Sbsh1380
黒板に書かれたメニューがいかにもビストロですねhappy01

まずは前菜
Sbsh1381_2
「蟹とカリフラワーのスープ、カプチーノ仕立てとマンゴの取り合わせ」
まるでマンゴを使ったカクテル(^^;

Sbsh1383
その実態は、カリフラワーのムースにマンゴのスープ、他に細かく刻んだ野菜が入ったカニの冷製クリームスープでした。互いに喧嘩をしていない調和のとれた味は絶品。今迄に食べたことがない魔法のスープlovely

そして主菜
Sbsh1387
「牛ほほ肉のコンフィ 異なるテクスチャー、マッシュポテト“イティネレール風”」
低温でじっくりと煮込まれたほほ肉は、ナイフを使わなくても崩せるのでは?と思わんばかりの柔らかさ、それに驚くほどキメ細かいマッシュポテトをからめて口の中へ heart04惚れてまうやろぉ~~~sign03

〆のデセール
Sbsh1388_2 
「モンブラン・イティネレール風」
中はケーキではなくバニラアイス。リキュールの香りが漂う甘さを抑えた大人のデザートでした
セ・ボ~ンnote

No.1ビストロのシェフの料理を食べた感想は「円やかに包み込まれる優し魔法の味」、まるでマジックを掛けられたような感覚
幸せぇ~~~lovely
パリに行く機会があれば、寄りたいお店の一つになりました

TokyoVfsh2269 
ル・プレヴェール(LE PRE VERRE)東京
お店のHPはこちら  http://www.lepreverre.com/ja/tokyo.html
お店のココログあり http://lepreverretokyo.cocolog-nifty.com/

シルヴァン・サンドラ氏、および、レストラン・イティネレールにてはこちらを参照あれ
http://lepreverretokyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/chefs-a-lardois.html
ネットで検索すると、美食家のブログも確認出来ますよwink

| | コメント (0)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »