« 宮古島遠征ガイド【出発前と到着後にすること】 | トップページ | 琉球食彩 琉球屋 »

2009年7月22日 (水)

宮古島遠征ガイド【リサーチ】

到着初日はリサーチもお忘れなくwink

まず、買い物をしながら、鮮魚コーナーにある地魚をeyeチェ~ックsign01

Cimg2032
写真上のカタカシとはヒメジ(おじさん)のこと、ブツ切りになった赤マチとはハマダイ(おなが)のことです
型は小さいが、ハマダイ(おなが)が揚がっているようです
これ、買って食べたかったなぁ~coldsweats01

刺身コーナーには
Cimg2033
宮古島のキハダマグロが沢山並んでいました
これは素晴らしい!これならキハダマグロは期待出来そうだぞ!

こちらはオマケ(^^;
Cimg2036
夏にあつあつの焼きイモって...coldsweats01
なんだか不思議

次に、明日乗船予定の、第八純海丸の様子を見に港へrvcardash

船が帰港するまで、堤防をeyeリサーチsign01
エビ餌でぶっ込み釣りをされていた方は、良型のフエフキダイ科の魚を仕留めていました
Cimg2039
一方、伊良部島を目の前に外側でウキ釣り(オキアミ餌)されていた方は、ニザダイ科の魚を揚げていました
Cimg2043

そうこうしている間に、船が戻ってきたので、船着場へdash

船の周りには人だかりが出来ているではないかsign02
これは何か凄いのが釣れたに違いないsign01 と思い駆け付けたところrun

ありゃりゃ?
釣果と泡盛(しかもストレート)で宴会しているcoldsweats01
それもロシアの方
Cimg2046
釣果は、コンビニで買ってきたと思われる^^;色々な調味料とサラダオイルを入れてバケツでシェイクしたもの
特製カリビアン風(女性の方がそう言いました^^;)カンパチの漬けでした
客も見物人も入り乱れて大盛り上がり
Cimg2045
我々も御相伴に与りました(^^
結構美味しかったです

そんな中、船長は甕から釣果を甲板に引き上げていましたよ #お疲れ様(^^;
5キロクラスのカンパチが数本に10キロクラスが1本甕の中に居ました
Cimg2047
よっしゃ!明日は何とかカンパチ顔は拝めそうだぞ!と一安心happy01

そして、この夜は、詳しい情報を聞くために船長と町の居酒屋で食事会
Cimg2055

こちらが、第八純海丸の森船長 若くてイケメンです(^^
Cimg2065

沖縄料理に舌鼓を打ちながら、出船時間を決め、釣りの話やその他色々聞かせて頂いたのでありました

【カンパチ釣行】編に続く...

|

« 宮古島遠征ガイド【出発前と到着後にすること】 | トップページ | 琉球食彩 琉球屋 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮古島遠征ガイド【出発前と到着後にすること】 | トップページ | 琉球食彩 琉球屋 »