« 八丈島遠征釣行記<プロローグ> | トップページ | お魚ランチ@AUX BACCHANALES 銀座店 »

2009年2月 6日 (金)

八丈島遠征釣行記<初日実釣編>

まずはシマアジ狙いとのことで、ハリス12号2mウイリー2本針の仕掛けを準備する。
しばらく走った後、ポイントに到着。『はいやって!ベタ底ね』との指示に期待を込め仕掛けを送り込む。

40~50mで着底するかと思いきや50mをクリアし、まだ落ちる。多少深場を狙うのかな?と思いながら着底を待つ...
100mクリア。おろろ、深いなぁ...(ーー
150mクリア。えッ嘘!?
で、200mをちょっい過ぎて着底。マジ?

ここは小岩戸沖ではあるが、シマアジのポイントと違うんじゃない?いや、ここは漁師のマル秘ポイントかも。そうに違いない!
うりゃぁ~!と、底を敲きながらコマセをバキバキ振る。シマアジ釣りは、コマセを振った瞬間が勝負。来いやぁ~シマアジぃ!!

シ~~~ン...
まずは空振り誰にもアタリ無し。コマセ詰め替えだ!!
って、水深200m弱では手返し超悪ぅ。

2投目!
シ~~~ン...

流し換え。

3投目!
シ~~~ン...

4投目にようやくアタリ!でも引かない。(ーー
思った通り、揚がってきたのはコイツ。
Cimg0917_3   
アカイサキの♂。そりゃそーだ。200mの深場だもの。

次いでアタリが!竿先がガクガクするが引かない。(ーー
店に並ぶサイズのゴマサバでした。
コマセが効き始めたのか、その後船中サバ釣り状態に突入。
サバ釣りの合間に、船中他の魚も数匹顔を出した。
私に来たのはコイツ。
Cimg0918
ハナフエダイ。八丈島ではたまに釣れる外道である。

船中、次第にシマアジ釣りは何処かへ消え、釣ったサバの身餌を落とし始めるようになるが、私は諦めずにウイリーで釣りうを続ける。
一際強い当たりが訪れた!が、引かない。嫌ぁ~な重い引き。
案の定揚がってきたのはコイツ。しかも一荷で。(^^;
Cimg0922
フトツノザメ。エメラルドグリーンの目をした深場の身餌釣りでのお決まりの外道。サバの身餌に寄ってきたのか?これを皮切りに、船中サメ釣り状態に突入。大きいので1.5m程度。アカイサキやサバに比べれば引きは楽しいが、サメじゃぁなぁ...

仕掛けを胴つき幹糸14号ハリス10号3本針に変更しサメ釣りに集中。(^^;;; ツノザメを7本近く釣った頃、1.5m程の変わった形のツノザメが混ざった。
Cimg0925
見にきた船長、『そいつ種類違うね。貰える?』とのことで、『どうぞ!どうぞ!』と差し上げた。きっと売れる(食べれる)サメなのだろうと思ったが...
後に調べた結果、魚名はトガリツノザメ。食用の剥きザメになるアブラツノザメと同じように食べられるらしい。次回は持ち帰ることとしよう。

一人10本近くサメを釣っただろうか。このまま続けても仕方がないし、餌になるサバも釣れていることから、八丈島で釣れる高級魚の一つであるアカハタを釣りに浅場へ移動。

実はアカハタ釣り嫌いじゃない。
皆は天秤仕掛けのままだが、私は胴つき仕掛けでトライ。胴つきの場合は錘が底を敲く感じでアタリを待つ。程なくして本命Get!早掛け成功!v(^^
Cimg0926_2

この釣りの外道は餌取りのハギ類にエソ。兎に角八丈島の浅場はハギだらけだ。私に来たのはナメモンガラ。見た目は凄くグロテスクだが、美味しいのだ。宿の夕食に焼いて出してもらった。(^.^
Cimg0928_2
その後、本命のアカハタを3匹追釣。船中0-4匹で初日の釣りは終了となった。なんだか、釣り魚図鑑作成用の釣りになった感じ。(^^;

二日目の釣りは、
次の記事へつづく... (^^;

=====================
[釣行日] 2009年2月2日
[ 宿 ] 八丈島 フィッシングハウス伊藤 
[ 船 ] 漁船
[コマセ用タックル]
     竿:   アルファタックル ファースト・アクセラ 241
     リール: シマノ電動丸3000XH (PE6号300m)
     仕掛け: 吹き流しハリス12号2m2本針
     コマセカゴ: サニーカゴ・ビッグ
     オモリ: 200号
[胴つき用タックル]
     竿:   アルファタックル ヘッドクォータ 8LBS
     リール: シマノ電動丸4000HP (PE6号500m)
     仕掛け: 胴つき幹糸14合ハリス10号3本針
     オモリ: 200号

|

« 八丈島遠征釣行記<プロローグ> | トップページ | お魚ランチ@AUX BACCHANALES 銀座店 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

200号オモリで水深200mのコマセ釣りは辛そうですね?
そう言えば2~3年前に仲間の女性釣師が八丈旅行中に
貸し道具で臨み手巻きリールはきつかったと言っていました。

投稿: アオリスト | 2009年2月 6日 (金) 17時34分

fishアオリストさんへ
200号の重りでコマセを振ること自体、近海釣り師にはビックリかも。(^^;
しかも手巻きは辛いですね。

投稿: みつ隊長 | 2009年2月 8日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八丈島遠征釣行記<プロローグ> | トップページ | お魚ランチ@AUX BACCHANALES 銀座店 »